駄目日記。たまに更新中。日記じゃなくて月一の月報かも。
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:00:00
生キャラメルを作ってみました。

・牛乳150ml
・グラニュー糖120g
・蜂蜜10g
・水飴10g

・生クリーム200ml
・無塩バター20g

某花畑牧場のアレです。
まず牛乳グラニュー糖蜂蜜水飴を鍋に入れて弱火にかけます。
砂糖などが牛乳に溶けたら生クリームと無塩バターを入れて強火に。
最初のうちはまだサラサラしてるので特に焦げると言う事も無いでしょう。
鍋肌についたのが焦げないように
たまにゴムベラで落としてけばいいくらいです。
20分位して小麦色になってきてからが勝負。ここからは焦げやすいです。
焦げそうだったら火から下しちゃいましょう。
で落ち着いたらまた火にかける。
だんだん水分が減って糖分の濃度が上がってくるので
粘りが出て焦げやすくなります。
ネットでは作り方で何分とか出てますけど
あんま気にしないほうがいいでしょう。
鍋の大きさ火力の違いでそんなものはころころ変わります。
全体が一塊に、そう、まるで懐かしの玩具、スライムのようになってきたら
ちょこっと氷水に落としてみます。
これでキャラメルが冷えて固まるようなら完成です。
まだならもうちょっとねりねりしながら火にかけましょう。
でちょうど良い固さになったら鍋肌が少し冷えるまで待ちます。
すぐにクッキングペーパーの上に流してしまうとキャラメルの薄い部分が
鍋の熱であっという間に焦げます。罠です。
出来たと思って油断してると孔明にしてやられます。
ある程度鍋の温度が落ち着いて着たら皿の上に
クッキングペーパーをひいたものの上に流します。
後は冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。
ちなみに水分を飛ばしすぎると固めた時にキャラメルじゃなくて
ヴェルタースオリジナルになります。
孫にあげたい方などはこちらもお奨めです。

ちなみに熱いキャラメルを手で触るのは厳禁です。
キッチンでのやけどの場合何が酷いと言って
キャラメルやカラメルでの火傷が一番酷いです。
次が蒸気で油での火傷など比較にもなりません。
と言うか油なんて指突っ込んでちょっと痛いかなくらいが揚げ物の適温だぜ
なんて事が出来るくらいたいした事ありません。
いやぶわっとかかったら危ないですが。
キャラメルはちょっと味見しちゃうぜと指を突っ込むと死にます。
ねっとりしてて肌から離れないので
あっという間に体の深いところまで火傷します。
お気をつけを。


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://dalog454.blog23.fc2.com/tb.php/25-16056a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。